また購入物たまってます

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

毎年恒例の文庫化。今回の表紙は瓶長。解説は阿部寛です。
メフィストの漫画

メフィストの漫画

メフィスト』でやってた国樹由香「あにまる探偵団」の連載最終回のゲストが京極さん(の猫)でした(2004年1月号)。この単行本(「単行」ではないのか?)にも収録されてます。インタビューなのか、対談・座談に入るのか、分類が難しいです。
写真で見る日本妖怪大図鑑

写真で見る日本妖怪大図鑑

妖怪大戦争』全日本妖怪推進委員会(幹事:京極夏彦)編。表紙袖にコメントが載ってます。あと神ン野悪五郎として写真もw。奥付によると、妖怪デザイン・編集協力・カバーに名前が載っています。
鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集 (角川文庫ソフィア)

鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集 (角川文庫ソフィア)

ファン必読のあの本が文庫化。国書刊行会のやつを持ってるんでいらないっちゃいらないんですが、一応。この文庫も京極さんが何か書いてたりはしないので注意。

以下アマゾンにないもの

『TokyoWalker』9/13号
妖怪大戦争」関連で荒俣宏と対談。今回はWalker各誌は暇がなくて買えませんでした。
妖怪大戦争パンフ
プロデュースチーム「怪」特別座談会収録。『怪』Vol.0014掲載のものを再構成。あとやっぱりあと神ン野悪五郎として写真が掲載w。

『文庫版 百器徒然袋 雨』の解説に阿部寛

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

『文庫版 百器徒然袋 雨』が発売になりましたが、解説が映画で榎木津役をやった阿部寛でした。今までミステリ関係などが多かったために新鮮な印象です。映画の初日舞台挨拶後の打ち上げの様子なんかも書かれてましたので、要チェックです。

『邪魅の雫』は9月には出ません

先日9/22発売と紹介しましたが、すみません、まだ出ないようです。詳しくは週刊大極宮を見てください。
最初9/22だと知ったとき「思ってたよりも(異常に)早かったな」とは思ったんですがね。しかし、公式情報も信じられないとは。ていうか、7月も似たようなことがあったばっかりだしなあ。大体この間紹介した予定表には未だに載ったままですしね。

今後の刊行予定

遅くなりましたが『分冊文庫版 狂骨の夢』の帯に書いてあった予定表です。一応転載*1

  • 09/15 『文庫版 百器徒然袋―雨』
  • 09/22 ノベルス『邪魅の雫
  • 10/14 『分冊文庫版 鉄鼠の檻1・2』
  • 11/15 『分冊文庫版 鉄鼠の檻3・4』
  • 01/13 『分冊文庫版 絡新婦の理1・2』
  • 02/15 『分冊文庫版 絡新婦の理3・4』
  • 04/14 『分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度(上・中・下)』
  • 05/16 『分冊文庫版 塗仏の宴 宴の始末(上・中・下)』
  • 06/15 『文庫版 多々良先生行状記』*2
  • 07/14 四六版『狂骨の夢

てな訳でとんでもないことになっております。今後1年間ほぼ月刊京極夏彦状態。何が凄いって『邪魅』以外はすべて既刊ですからね。12月と3月だけ空白となってますが、この間に『八犬伝』やら『インクブス×スクブス』あたりが出たらホントに月刊になっちゃいますな。
気になるのは文庫版『雲』が6月になってること。講談社ノベルスの文庫化はこれまで毎年9月恒例でしたが、それから外れることになります。タイトルも今昔続百鬼じゃないし、何かあるんでしょうか*3。で、そうすると9月は何もなしなのか『風』(ISBN:4061821008)文庫化なのかも気になります。

*1:『邪魅』はこの時点では9月とだけしかまだ書かれていませんでした

*2:『今昔続百鬼―雲』(ISBN:4061822217)だと思うんですが何故かこうとしか書かれてません

*3:でもカバー折り返しの予定には普通に書いてあるので気にすることはないのかも

購入物たまってます

分冊文庫版 狂骨の夢 上 (講談社文庫)

分冊文庫版 狂骨の夢 上 (講談社文庫)

分冊文庫版 狂骨の夢 中 (講談社文庫)

分冊文庫版 狂骨の夢 中 (講談社文庫)

分冊文庫版 狂骨の夢 下 (講談社文庫)

分冊文庫版 狂骨の夢 下 (講談社文庫)

帯に文庫化、分冊化、四六版化の予定が大量に書いてあります。すごい。
京極噺六儀集

京極噺六儀集

妖怪狂言、落語のオリジナル台本と上演台本集。オリジナル台本は既出ですが、狂言と講談の上演台本は多分初出です。
ユリイカ2005年9月号 特集=水木しげる

ユリイカ2005年9月号 特集=水木しげる

ユリイカ』9月号は水木しげる特集。対談「面白くなきゃ、ダメなんです!」に登場。
妖怪文藝〈巻之壱〉 モノノケ大合戦 (小学館文庫)

妖怪文藝〈巻之壱〉 モノノケ大合戦 (小学館文庫)

題字。東雅夫との対談「書物の海から妖怪世界へ」収録。また、妖怪狂言豆腐小僧」も収録。『巻之弐 響き交わす鬼』が9/6、『巻之参 魑魅魍魎列島』が10月予定。
怪 vol.0019 (カドカワムック 221)

怪 vol.0019 (カドカワムック 221)

『怪』vol.0019は1冊丸ごと妖怪大戦争公式ガイド。三池崇史荒俣宏との鼎談「『妖怪大戦争』を百倍楽しむ方法」掲載。「前巷説百物語」や「妖怪の理、妖怪の檻」はお休みです。
姑獲鳥の夏PerfectBook (別冊宝島)

姑獲鳥の夏PerfectBook (別冊宝島)

「映画「姑獲鳥の夏」完成に寄せて」と云う文が掲載されています。今回映画のムックが3冊出ましたが、直接文章が載っているのはこれだけです。
映画「姑獲鳥の夏」OFFICIAL BOOK (講談社MOOK)

映画「姑獲鳥の夏」OFFICIAL BOOK (講談社MOOK)

前述の通り文章などは載ってませんが、唐木氏*1によるデビュー時の話が興味深いです。多分初出のエピソードも。新耳袋』の木原浩勝や、なぜか筒井康隆のインタビューが。
渾沌王 人工憑霊蠱猫 03 (講談社ノベルス)

渾沌王 人工憑霊蠱猫 03 (講談社ノベルス)

シリーズ第3弾。例によってカバー&栞デザイン、妄想記述言語清書。シリーズ第4弾は『件獣』だそうです。

以下アマゾンにないもの

朝日小学生新聞」7/29付
どうやって手に入れようか悩みましたが、近所の新聞販売所に行ってみたら只でくれました。インタビュー「妖怪みたいに幸せに生きよう」掲載。
『大人のウォーカー』9月号
荒俣宏との対談収録。
『月刊ガンダムエース』9月号
荒俣宏との対談収録。
週刊文春』8/4号
巻末グラビアに第十回世界妖怪会議の楽屋の様子。
Newtype THE LIVE』9月号
荒俣宏との対談収録。
週刊ファミ通』8/19号
荒俣宏との対談収録。

映画姑獲鳥グッズ
大極宮書店で注文したものが届きました。
  • 扇子
  • 邪視守護札。(メールガードシール)
  • 湯のみ
映画のグッズはまだこちらで通販できるようです。

*1:京極夏彦初代担当編集者

『邪魅の雫』9/22発売!

分冊狂骨の帯や『メフィスト』の広告に9月発売と出てた『邪魅』ですが、日にち確定したようです。講談社BOOK倶楽部の文庫・新書予定表に9/22発売、税込1,208円とあります。『塗仏』(ISBN:4061820338)の時と同様、他のノベルスとは発売日がずれてます。あと、値段からするとそれほど厚くはなさそうです。単純に値段で比べると去年出た『風』(ISBN:4061823795)よりも薄いかも? まあとにかく楽しみです。
コメント欄での情報ありがとうございました。
しかし、忙しくてずっと更新してなかったので*1色々溜まってます。今日の夜には購入物などまとめて更新します。←宣言しないとサボりそうだから

*1:8月初めての更新ですね……

水木しげるとの対談が『ユリイカ』9月号に掲載

同じく大極宮からの情報。
ユリイカ』の9月号が水木しげる特集だそうで、京極さんとの対談も掲載されるようです。8/28発売。